【必見】転職における面接練習法

 

 

今日もお疲れ様です。

イチハチです!

 

本日のテーマは.....

「転職における面接練習法」

ということについて、お話ししていきます。

 

隠れハート

最近では転職する方が増えてきている時代となりました。

マイナスな考えを持つ方もたくさんいらっしゃいますが

やはり、転職は自己実現のためにはすべきことです。

 

転職にスキルや経験が必要にはなりますがそれより大切なことは

面接におけるスキルです。

どれだけすごい経験を持っていてもそれを伝えなければ意味がありません。

逆に、スキルや経験があまりない方でも面接が上手であれな内定をいただ

ける可能性は高くなります。

 

ではどのように面接練習をするべきなのかお話ししていきます。

面接前によくありがちなことは文章を覚えようとすることです。

一語一句覚える必要はありません。

むしろ覚えてはいけません。

伝えたいことを箇条書きにしておくだけでいいと思います。

 

面接はどのように聞かれるかわかりません。

まず文章を覚えていても必ず忘れてしまいます。

大切なのは、伝えたいことをどれだけ話せるかです。

 

例えば、自己PRに関してのメモは.......

・◯◯経験あり

コミュ力自信ある

・営業経験あり

などと、伝えたいことを箇条書きにしてそれを見ながら

話せるようになっておけば当日も詰まることはありません。

覚えようとすればするほど、言葉に詰まった時に

困ってしまいがちです。

なので、言いたいことを自信もって望むことも大切です。

面接は自分という商品を営業することです。

 

まずは自分が何が強くて、何が経験してきたのかを

書き出してみましょう。

小さなことでもいいので、まずは書いてみることです。

 

自信を持って喋れば必ず伝わります。

小さな経験でも、モゴモゴ話すことはいい印象になりません。

 

やりすぎかなってくらい謙虚に自信持って臨みましょう。

 

みなさんの転職がうまくいくように何かあれば質問してくださいね。

なんでも相談してくださいね。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

参考になったら

・読者登録

・コメント

お待ちしております。

 

みなさんの悩みや相談もいつでもいお待ちしております。